緊張すると頭痛になる場合も

そもそも「緊張型頭痛」とはどんなものなのでしょうか。
この頭痛は、拍動性の痛みではなく、圧迫感や締め付けられる感じ、あるいは頭が重いような感じがするのが特徴です。
吐き気や嘔吐を伴うことが少なく、日常的な動作では悪化しません。頭痛を訴える人の八割を占めるとも言われています。

精神的ストレス、身体的ストレスが原因だと考えられていますが、ストレスの軽減以外に効果的な対策がないのが現状です。
また、緊張型頭痛は、肩こりや眼精疲労、めまいや倦怠感を伴いやすいのも問題。
そのため、雪ダルマ式に不快な症状が増えていくという状態に陥ってしまうことも…。

精神的なストレスを、今すぐ軽減させるというのはなかなか難しいことですが、身体的ストレスはちょっとの気遣いで軽減させることが可能です。
特に、姿勢の悪い人、長時間パソコンのモニターの前にいる人はこの頭痛を起こしやすいようです。
筋肉が硬くなってしまわないよう、定期的に背筋をのばしたり、ストレッチをしたりするようにいてください。
適切なストレッチは、ストレス解消にも有効ですよ。

また、入浴をシャワーだけで済ませている人、睡眠時間の少ない人なども緊張型頭痛になりやすいんだとか。
鎮痛剤に頼り切ってしまわないよう、できるところから生活改善を行っていきましょう!

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る