緊張で腹痛などの症状が起こる原因

下痢や便秘、あるいはそれを交互に繰り返すなどの便通異常、腹痛、膨張間…などの症状が起こることを「過敏性腸症候群」と呼びます。
検査では、炎症や潰瘍など目に見える異常が見つからないので、原因不明と診断される事が多いようです。

「過敏性腸症候群」はなんらかの原因で、腸の運動や分泌機能が過敏になった状態です。
自律神経の異常や、ストレス、不安、それに暴飲暴食や不摂生な生活がさまざまなことが引き金になりますが、いずれにしても、かなりの長期間悩まされることになりがちなので、患者にとっては、めぼしい解決法も見つからず非常につらい日々が続く事も…。

生活習慣を見直そう

症状の緩和にはストレスの解消が一番です。
ストレスとの上手な付き合い方をもう一度考えてみませんか?

それに併せて、規則正しい生活を送ることも大切。
夜更かしをせず、朝決まった時間に起きて、トイレにいく習慣をつけるようにしてください。
食事の時間も毎日同じ時間に、バランスの良いものを摂るようにします。
できるだけ、食物繊維豊富な食材を選ぶようにしましょう。

また、腸内環境を整える食材を多く摂るようにすることも大切です。
なお、ビオフェルミン(ビオフェルミン製薬株式会社)は、副作用もほとんどありませんので、一度試してみてもよいかもしれません。(牛乳アレルギーの方は注意が必要です)

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る