冷たいおしぼりでクールダウン!

冷たいおしぼりを顔にあてると、気分がスーっと落ち着いた覚えはありませんか?

あがり症で、すぐ顔が真っ赤になってしまう…そんな人は、冷たいおしぼりやハンカチで首の後ろを冷やしてみましょう。
その刺激が交感神経(緊張する神経)を和らげて副交感神経(リラックスする神経)を呼び覚ましてくれます。

最近では、熱中症対策用に、首元を冷やすいろんなアイテムが市販されていますから、そちらを試してみてもいいかも。

赤面に効くツボを押してみよう

労宮は手の平の真ん中、手を開いてから薬指を曲げてその先端が手の平に付く場所にあるツボで、緊張を緩和する作用があると言われています。
刺激するときのコツは「じっくり押して、ゆっくり離す」こと。
5秒×5回が目安です。

気にしすぎない

赤面してしまうことに悩む人は多いのですが、実際そのことを周囲は、あまり気にしていません。
実直で真面目な感じがするという人もいるくらいです。
「赤くなるのは自分の個性」と割り切って、気にしすぎないようにするのもひとつの解決法ではないでしょうか。

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る