緊張によってお腹が鳴る理由

以前から、授業中や試験中に、お腹がなってしまって困るという声は数多くあるのですが、それに対しての明確な答えはまだ見つかっていないようです。
ただ、「なぜお腹がなるのか→腸が活発に活動しているから」「なぜ、腸が活発に活動するのか→自律神経がそのような信号をだすから」ということはわかっています。

もともと、腸は緊張などのストレスの影響を受けやすい器官。
お腹がなる音自体は、他人にとって不快な音でもなんでもありません。
ですから「今日も良く動いているな〜」くらいに開き直ってしまうのが、一番の対処法だと思います。

それでも気になる人は…

まず、お腹がならないような環境を作るようにしましょう。
お腹が空き過ぎないように、そしてガスのたまらないような食事をとるようにしてください。

しかし、ガスのたまる食物=食物繊維の豊富な食物を極端に避けると、逆に腸の調子を壊しかねませんのでバランスも大切。
なお、「ぐーぴたっ(株式会社 ナリスアップ コスメティックス)」といった空腹感を程よく解消できる商品も販売されています。
ちょっとバッグに入れておくだけでも、気持ちが楽になるかもしれませんね、

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る