緊張するとどもりがひどくなる場合も

吃音に悩む人は多く、全国に100万人はいると言われています。

しかし、その中で医療機関の受診を受けているのは、ほとんど小児吃音者であり、成人の吃音者の受診者は少ないんだとか。
一方、インターネットなどには、効果のほどが怪しい「どもり矯正」の情報商材が数多く流通している状態です。
どこか歪んでいるとしか思えません。

どもりを直すには、適切な言語療法と行動療法を併せて行っていくのが一番ですが、そのどちらも正しいやり方で行わなければ、効果は半減してしまいます。
正しいやり方を学ぶには、やはり専門の医師のもとで訓練を行うのが一番なのです。
「誰でもできる!」「自宅で簡単に」といったうたい文句にだまされて、安易に情報商材などに飛びついてしまわないようにしてください。

しかし、上でも申し上げたとおり、残念ながら、成人の吃音治療を行っている医療機関は非常に少ないのが現状です。
ですが、まったくないというわけではありません。
保険が適用される機関もあります。

言語聴覚士(ST)や精神科医のカウンセリングを行っているところもありますので、まずは自分の症状について専門家の意見を聞いておくことをオススメします。
それが、正しい吃音治療への第一歩となるはずですから。

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る