心理的なコントロールをしてあがり症を克服する

メンタルトレーニングであがり症をコントロールしよう

メンタルトレーニングとは、「試合などで最高の能力を発揮できるように、心理的にもトレーニングを行う」ことを言います。
「心・技・体」の「心」を科学的にトレーニングすることで、マイナス要因(緊張や不安など)とプラス的要因を(意欲や自信など)、自分自身でコントロールできるようにするのを目的としています。
世界のトップアスリートたちも行っているメンタルトレーニングですが、一般の人でも十分に応用可能。
できることから少しずつ取り込んで、“あがり症”をセルフコントロールできるようになりましょう。

 

@笑顔
リラックスするための、大変重要なテクニックです。
まずは、普段の自分の“笑顔”を鏡などでチェック。
緊張してきたな…と感じたら、意識的に“笑顔”の感覚を思い出すようにしましょう。
ただし、“表情”としてではなく“笑顔になる気持ち”をインプットしておくことが大切です。

 

A呼吸法
自律神経がコントロールしているものの中で、自分でもコントロールできるものは“呼吸”だけです。
簡単なのは深呼吸。
口からゆっくりと息を吐き、不安な気持ちを吐き出してしましいましょう。

 

Bストレッチやマッサージ
自分の気分が落ち着くペースで、マッサージしたりストレッチを行うことも効果的です。
特に、筋弛緩法はオススメ。
足のつま先、肩、腕、顔など、体のパーツごとにグっと力を入れ、しばらくその状態を保った後、ストンと一気に力を抜きます。
C音楽で気分を高める
自分が心地よくなる音楽を聴きながら「コレを聴くとリラックスできる」「緊張がほぐれる」と自己暗示をかけてしまいましょう。
気分が落ち着いてきたら、「これから何をするのか」といった目標や目的を自分の中で明確化していきます。
不安を打ち消すには、それを上回る自信を身につけるのが一番。
ですから、リラックスできる曲というよりも、自分のモチベーションがあがる曲、自信がわいてくるような曲といった基準で選んだほうが、より効果的かもしれません。

信頼できるあがり症克服マニュアルを2つ紹介します。

 

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

 

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

 

「西村順式あがり症克服法」

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

 

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

 

「65089人のあがり症を克服させた方法!」(著者:金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

 

 

他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

 

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。