緊張をほぐならツボを刺激する

緊張をほぐす方法は、他のページでも紹介していますが、

「急に人と話さなくてはいけない」
「いきなり話題を振られた」

とか、そういうときもありますよね。

そんなときに覚えておきたいのが、すぐに緊張をほぐす方法です。
いくつか紹介しましょう。

緊張をほぐすツボ

すぐにできるという点で優れているのはツボを押すこと。
ここでは代表的なふたつのツボを紹介します。

合谷(ごうこく)

手の甲側、人差し指と親指の骨が合流するところにあります。

神経過敏や不安解消に効果があるとされていて、
物忘れも予防するというのでスピーチや発表の前に役立ちそうです。

神門(しんもん)

手の平と腕の付け根あたり、小指側にくぼんでいるところにあるツボです。

ストレスを緩和する効果があるそうなので、
深呼吸をしながらクッと押して、離すというのを繰り返しましょう。

お気に入りのアイテムを持つ

持ち歩くので、手の平で包めるぐらいのもの。
できれば、柔らかいものやモコモコしたものがいいです。

なんとなくですが、フワフワ、モコモコしたものって、
触ると気持ちが落ち着くような気がしませんか?

もちろん、感じ方は人それぞれですが、
お気に入りのアイテムをストラップにしておくのもいいかもしれません。

アロマテラピー

アロマの効果は、科学的に立証されるほど強力です。

気分を落ち着かせる代表的な香りといえば、
ラベンダーやイランイランでしょうか。

こうした香りのするアイテムやオイルなどを忍ばせておくと、
ふとしたときに香りを嗅ぐことで落ち着くことができるでしょう。

ただし、香水など、いつでも香りがする状態にすると、
香りに慣れてしまい、意味がなくなってしまうので注意しましょう。

水を口に含む

水を少し口に含んでから飲む、というのも効果的です。

緊張して口が渇いたりするのも防ぎ、
また喉の通りを良くするので言葉がつっかえることも少なくなるでしょう。

しかも、一瞬でも間をおくことができますよね。
発表やプレゼンの場で、多くの人がやっている自然な行動なので違和感もありません。

大事なのは心のゆとり

ここで紹介したのは、急な場面で対応するための方法なので、
他の方法に比べると、おまじない程度というか、
効果はそれなりといった手段になってしまいます。

ですが、大事なのは一瞬でも間をおくこと、そして大丈夫と信じることで、
心のゆとりを得られるということです。

もっとも普段から心のゆとりを持っていれば、
急なことですぐに緊張してしまうことはありません。

なので、もし急なことですぐに緊張してしまうという人は、
トレーニングで、日頃から心の準備をしていたほうがいいですね。

特に、急なことであがってしまう人は、
会話の切り出し方や第一声の出し方に悩んでいるのではないでしょうか。

こうした方法を教えてくれるあがり症克服トレーニングもあります。

それを実践していれば、アイテムなどなくても、
スムーズに言葉が出せるようになるかもしれませんね。

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る