SSRIの特徴と注意点

<SSRI>とは
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は抗うつ薬の一種で、憂うつな気分をやわらぎ、意欲を高める効能があります。
さらに、抗不安作用も併せ持つため、強迫性障害や社会不安障害の人にも処方されることがあります。

その名の通り、“セロトニントランスポーター”のセロトニン再取り込みを阻害する作用があります。
うつ状態の人はシナプスにおけるセロトニン濃度が低すぎる事が多いのですが、SSRIがセロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度をある程度維持できるのです。

また、SSRIは“セロトニントランスポーター”にだけしか作用しないという特徴があります。
そのため、他の抗うつ剤特有の副作用が少なく扱いやすいことから、第3世代の抗うつ剤として、広く処方されるようになりました。

一般名:「フルボキサミン マレイン酸塩」
製品名:「ルボックス(アステラス製薬株式会社)」「デプロメール(株式会社明治)」

<注意点>
☆SSRIは精神科や神経科での処方の他に、個人輸入などでも入手が可能です。
そのうえ、同系の中では比較的安全性の高い薬とされているからか、自己判断で服用している人も少なくないようです。
しかし、副作用がないわけではありませんし、離脱症状や精神的変調も報告されています。
☆SSRIを服用した後に、敵意や攻撃性、衝動性に襲われ、犯罪に及んだ事例があります。
自分だけの判断で服用することは絶対に避けてください。
☆服用に際し、注意事項や起こりうる副作用について、事前によく説明を受けるようにしてください。
☆抗うつ剤は、うつ病そのものを治す薬ではありません。
薬に頼りきってしまわないよう、定期的にカウンセリングをうけ、認知療法などと併せて治療を行う事をオススメします。
☆妊娠中の使用は医師との相談のうえ、継続か中止かを決めるようにしてください。
自己判断で急にやめたりしないようにしましょう。
☆病気によっては、症状が悪化してしまうこともあります。
持病やアレルギーのある人は事前のカウンセリングの際、忘れずに伝えるようにしましょう。
☆この薬を若い人が服用する場合は、特に注意が必要です。
SSRIを含むいくつかの抗うつ剤を臨床実験したところ、24歳以下では逆に悪感情や衝動を引き起こすおそれがあることが報告されました。
☆また、自己判断で薬を飲むことを止めるのもいけません。

減量や中止は医師の指示に従って、じょじょに行うようにしましょう。
☆服用に注意が必要な人

  • 肝臓や腎臓の悪い人
  • 躁うつ病
  • 躁病の既往歴のある人
  • てんかん、心臓病のある人
  • 統合失調症の素因
  • 衝動性が高い精神症状をともなう人
  • 出血性疾患
  • 妊娠中
  • 高齢者
  • 24歳以下
  • 自殺願望のある人

☆以下の薬との併用は禁止されています。
また、服用中の薬は必ず医師に報告するようにしてください。

  • セレギリン(エフピー):パーキンソン病治療薬
  • チオリダジン(メレリル):ピモジド(オーラップ)安定剤
  • チザニジン(テルネリン):筋緊張弛緩剤…など多数

☆その他、L-トリプトファン含有製剤(アミノ酸製剤、経腸成分栄養剤等)、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)など飲み合わせに注意すべき薬はたくさんあります。
☆SSRI服用時は飲酒も控えるようにしましょう。

<効能>

  • 不安や緊張の緩和
  • うつ症状の緩和
  • やる気がでない、眠れない、気分が落ち込んで悲観的になる…といった心の症状を改善し、気持ちが前向きになる事を助ける

<副作用>

  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 口の渇き
  • 便秘、下痢
  • 眠気
  • 不安感、イライラ感
  • めまい、頭痛
  • 性機能異常、性欲低下
  • 尿が出にくい
  • 動悸
  • 発疹、発赤、かゆみ

☆SSRI系統特異の副作用…「セロトニン症候群」
SSRI系統の薬を服用後、突然他人に暴力を振るう・激高するなど、副作用と疑われる症例がいくつか報告されています。
この副作用は他の抗うつ剤や抗不安剤には見られないものであり、この薬特異の症状です。
また、混乱状態・ふるえ・けいれん・発熱・発汗・体のぴくつき、といった症状が現れた場合も、医師にすぐ連絡するようにしましょう。

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る