デパスの特徴と注意点

デパス(正式名:エチゾラム)とは、1984年に発売になったマイナートランキライザーです。
同様の効果がある抗不安剤はほとんど海外製品なのに対して、デパスは貴重な純国産製の薬というのも安心感を後押したのか、現在もっとも有名な抗不安剤として多くのあがり症患者に処方されています。

主な効用をあげてみましょう。
・うつ病による不安・緊張・睡眠障害の改善
・神経症による不安や緊張、抑うつ、神経衰弱症状、睡眠障害などの症状の緩和
・心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)による身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害の抑制
・統合失調症における睡眠障害の調整
・頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛などの疾患による不安・緊張・抑うつおよび筋緊張の緩和

デパスは、脳の神経受容体である「BZD受容体」に結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。
また、比較的おだやかな作用なので、そのぶん副作用も少ないと言われています。
筋肉の弛緩や眠気を伴う場合があるので、使用できるシーンが限定されるというデメリットがありますが、それでも試してみる価値はおおいにあるのではないでしょうか。

しかし、だからと言って安易にデパスを服用するのはオススメできません。
デパスはあくまでも医師の処方のもとで服用すべきです。また、少ないとはいえ副作用への懸念もまだ残されています。
デパスの副作用は、一般的に眠気や注意力、反射神経、集中力の低下などが多く報告されていますが、ちょっと怖いのは「依存症」と「悪性症候群」でしょう。

どちらも、医師の監督の下、適量を指示通り摂取していればさほど心配する必要はありませんので、正しい知識とともに、精神科や心療内科などの専門医のカウンセリング・診断にきちんと従いながら使用するようにしてください。

信頼できるあがり症のトレーニング方法について

あがり症を根本的に改善するためには、
薬に依存せずに、地道にトレーニングをすることが大切です。

ちゃんとした実績があって信頼できるマニュアルを2つ紹介しますので、
本気であがり症を克服したいと思う人はぜひ取り組んでみて下さい。

「西村順式あがり症克服法」(著者:西村順)

元アナウンサーであり、27年間に渡って話し方の講師をしている著者がまとめたマニュアルです。
大手民間企業はもちろん、官公庁や自治体での講師経験もある著者なので、
あがり症のマニュアルの中ではもっとも信頼できるものだと思います。

DVDを見ながら、1日3分間で無理なくトレーニングできるという点も評価できます。
120日間の返金保証もあり、今あるマニュアルの中では一番おすすめできるものだと思います。

公式サイトへ


「65089人のあがり症を克服させた方法!」(金井英之)

36年間で6万5千人も克服させたという実績を持つ著者が書いたマニュアルです。
若干大げさな表現になっていますが、過去に多数の本を出しており、
またNHKなどの番組にも出演経験を持っているベテランの著者です。

公式サイトへ


他にもあがり症のマニュアルは色々あるようですが、信頼できるものは上記の2つだと思います。
中にはとても質が悪いものもあるようなので注意して下さい。

マニュアルを購入する際には、著者の実歴を十分に調べた上で、信頼できるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る