あがり症治療に使われる薬について

あがり症対策に使われる市販薬一覧

あがり症や緊張症の抑制には、鎮静剤や抗うつ剤が有効とされています。なんだか、あがり症に鎮静剤の組み合わせはちょっと変な気もしますが、心拍数が上がったり、顔が赤く...

続きを読む

デパスの効能と副作用

デパス(正式名:エチゾラム)とは、1984年に発売になったマイナートランキライザーです。同様の効果がある抗不安剤はほとんど海外製品なのに対して、デパスは貴重な純...

続きを読む

インデラルの効能と副作用

<インデラル>とはインデラルはβ遮断薬(ベータブロッカー)のひとつです。心臓を休ませて、血圧を下げる作用があります。不整脈や高血圧、心筋梗塞、緑内障、偏頭痛など...

続きを読む

ソラナックスの効能と副作用

<ソラナックス>とはソラナックスは、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤(マイナートランキライザー)です。脳の神経受容体「BZD受容体」に結合し、リラックス系の神経を...

続きを読む

イララックの効能と副作用

<イララック>とは小林製薬株式会社から販売されている市販薬。植物由来の生薬エキスが主成分なので、副作用をあまり気にせず服用できるところが魅力です。パッシフローラ...

続きを読む

SSRIの効能と副作用

<SSRI>とはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は抗うつ薬の一種で、憂うつな気分をやわらぎ、意欲を高める効能があります。さらに、抗不安作用も併せ持つ...

続きを読む

パキシルの効能と副作用

<パキシル>とはパキシルはSSRI(選択性セロトニン再取り込み薬)のひとつです。日本では国内2番めのSSRIとして、2000年から販売が開始されました。神経伝達...

続きを読む

レキソタンの効能と副作用

<レキソタン>とはレキソタンは、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤(マイナートランキライザー)です。脳の神経受容体「BZD受容体」に結合し、リラックス系の神経を活性...

続きを読む

セロトニンの効能と副作用

<セロトニン>とはセロトニンは、視床下部や大脳基底核、延髄の縫線核などに分布する3大神経伝達物質のひとつです。残り2つの神経伝達物質、ノルアドレナリンやドーパミ...

続きを読む

セントジョーンズワートの効能と副作用

<セントジョーンズワート>とはセントジョーンズワートは、日本では西洋オトギリソウと呼ばれるハーブで、軽度から中度のうつ病や更年期障害に効果があると言われています...

続きを読む

ワイパックスの効能と副作用

<ワイパックス>とはワイパックスは、ベンゾジアゼピン系の精神安定剤(マイナートランキライザー)です。脳の神経受容体「BZD受容体」に結合し、リラックス系の神経を...

続きを読む

ページの先頭へ戻る